メインイメージ

堺の包丁と刃の変色

堺の包丁と刃の変色に関すること

国内では非常に有名で人気の高い包丁に、堺の和包丁というものが用意されています。同じ地域で古い時代から伝わっている方法で製作されているものになり、料理を趣味として行っている方から、プロの料理人の間でも用いられることの多い包丁としても注目されています。

そんな中、堺の包丁は基本的にステンレスではなく特性の鋼で製作されているものが多い傾向にありますが、普段の調理などを行っていると、自然に金属の刃の部分が変色してしまう現象が発生することがあります。

材質的な部分としては全く問題が無い包丁になりますが、例えば脂成分の多い肉類や魚類、灰汁の強い成分の入った野菜や果物などをカットした場合でも発生してしまうことが多いものとして知られています。

このケースの変色に関しては、料理人の中では諸説ありますが、黒い錆と呼ばれることがあり、使い手が気にしない場合ではそのまま放置をしてしまっても問題無く利用を続けることができるとされている部分があります。その反面、一般的な赤錆が発生している場合では、刃の腐食が進んでしまうことになるために、早期に錆落としを行うことが求められている内容になります。

一般的な変色の場合でも気になる方の場合では、除去する方法が用意されています。代表的な内容としては、キッチン用として販売されている研磨剤が入れられた洗剤などを利用する方法で、食器洗いなどで使用するようなスポンジの付着させて、まな板の上などに寝かせた状態の包丁を磨き上げる方法があります。

多くのケースでこの方法で綺麗な状態に施すことが可能とされているのですが、対応することが困難な包丁の場合では、耐水ペーパーを利用する方法も用意されています。
堺の包丁に関しては、表面の加工も美しいものに仕上げられているために、耐水ペーパーを用いる場合では、1000番や2000番といった、目の細かいタイプを選択することがおすすめになります。

利用方法に関しては、常に水を掛けながら擦る作業を繰り返すことになり、比較的簡単に綺麗に仕上げることができます。

また、どうしても落としきれない汚れなどが出てしまった場合では、プロの専門家に依頼をすることもおすすめになります。包丁を専門として販売を行っているお店の場合では、包丁研ぎの他に、刃の表面の磨きを受け付けしている場合もあります。プロに依頼をした場合では、元通りの光沢を取り戻すことも十分に可能になり、寿命を長くすることができます。

Copyright© 2014包丁で有名な都市の切れ味を学ぶ All Rights Reserved.