メインイメージ

包丁の一級品

包丁の一級品と名高い堺と正本

包丁は作り職人や伝統の技で、切れ味や美しさ、使いやすさに大きな差が出ます。どうせ使うなら、良い物、本格的なものを使いたいものです。料理を仕事としている方、本格的に自分で行っている方など、料理の質を左右する包丁も、質の高い物を選ぶことが重要になります。

また、そのような一級品は、傷みにくく丈夫なので、結果として長持ちすることにもなります。そうなれば、自分の手にも馴染みますし、安心して使うこともできるメリットがあります。そんな包丁の伝統と技が詰まった品質の高いのが、正本の包丁です。

この正本の包丁は、全国の料理職人たちも納得の切れ味で、長く愛用されているのです。それだけ、細かい仕事もできて、操作性もよく、使いやすいのに品質も良い逸品なのです。正本というブランドは、歴史が古く、江戸時代より続く老舗店です。創業者の初代巳之助は大阪で修業を積んだ後に、お店を起こした人物です。その後も技を受け継ぎ、守ってきた伝統あるブランドです。

現在は東京の墨田区に本店を構えています。そのためか東日本の料理の職人では愛用する人が多く、最高級品として名高い包丁です。一方、関西方面では最高級の包丁と言えば、堺で作られるものが有名です。堺は刃物を作る技術、研ぐ技術が古くから発達した地域です。

そのため、今でも多くの業者や職人がおり、高い品質の商品を提供している場所です。歴史は古く平安時代には刀を製造していました。
また、歴代の武将にも注目されており、織田信長、徳川幕府などは愛用していました。特に徳川幕府は堺で作られるものは別格扱いにし、全国に普及しました。今では料理人が使う包丁と言えば堺と言うケースが多く、その割合はかなり高くなっています。

それほど、切れ味が鋭く、欠けたり、ダメージを受けにくい丈夫な品質なのです。このように、最高級の品質で、職人に愛される銘柄がいくつかあります。自分が使ってみてしっくりくるものを選ぶのも良いですし、周りの人気をリサーチするのも参考になります。

地域で発達したブランドも違いますが、それぞれ歴史と鍛錬した技があります。ですから、どちらも安定した、優れた切れ味で満足できるのは間違いありません。しかし、どちらもきちっとメンテナンスをしてこその高品質です。

この品質を保っていくには、使う人の注意や手入れがなくてはなりません。良い包丁を長く使うためには、普段から気を配ってメンテナンスをしていくことが最大のポイントです。

Copyright© 2014包丁で有名な都市の切れ味を学ぶ All Rights Reserved.