メインイメージ

研ぐことが大切

堺の包丁は繊細だからこそ研ぐことが大切

プロの料理人達の多くが使っているのが大阪、堺で作られる包丁です。プロが使うのに適した鋭い切れ味、美しい切り口で、プロも納得の高い品質です。それもそのはず、堺の刃物生産には長い歴史があります。古くから町全体が刃物の鍛鉄技術が広まっていましたが、ポルトガルから鉄砲が伝来した時には、その優れた技術力で国内ではトップの製造レベルだったようです。

その後も刃物では、他の追随を許さない品質の良さを維持してきました。そのため、現在では包丁といったら堺のものと言う、高品質で伝統の技が詰まったものとして人気が高いのです。

実際に堺の包丁はプロの料理に適した特徴があります。なんといっても、繊細で切れ味がいいことです。切れ味が良く、細かなところまで操作できると、料理では薄切りや切り口の見た目で美しさをアップさせることができます。

また、切れ味がいいことで瞬時に切れて、味の変化も防止することができます。新鮮なまま、余計な味の崩れもないまま提供できるのです。このような鋭い切れ味を実現するのに適しているのが、使う材質と包丁の形状にあります。

まず、使う材質であるステンレスの硬さです。通常使われる硬さよりも、堺は硬くなっています。そのため、堅い食材でも力を軽く扱うことができ、また、刃自体も痛みを受けにくくなります。これは、1日中包丁を使う料理人にとっては、自分の手の力の軽減、疲れを減らすことにもなります。
また、包丁の丈夫さも業務用として使うには重要になりますので、ぴったりの品質と言えます。さらに、もう1つ、形状も魅力的です。
非常に刃先が鋭くなっており、素材が堅いこととも相まって、食材をそぐように切ることに向いています。包丁を手前に引くようにして切ることが得意なので、薄く切ったり、大きさの調整もしやすいのです。

これは見た目も重要なプロの食事にとっては重要なことです。このような特徴があるので、まさにプロには最適な品質なのです。しかし、この切れ味をキープするには、やはり研ぐことが重要になります。鋭い切れ味は鋭い刃先があってこそです。

そのため、こまめな砥石での研ぐメンテナンスが欠かせません。しかし、これを続けていれば、長く素晴らしい切れ味で使い続けることができます。
使う人にも負担がなく、しかも切れ味や見た目は美しく優れているなら、メンテナンスは苦になりません。自分だけの包丁になっていきます。熟練の技が詰まった包丁で、最高のパフォーマンスをすることができます。

Copyright© 2014包丁で有名な都市の切れ味を学ぶ All Rights Reserved.